ツイフェミさんたちの矛盾のある活動や支離滅裂な言動、ご都合主義としか思えないダブルスタンダードが行き着く先は?

朝鮮半島ツイフェミ, 仁藤夢乃, 石川優実

仙台の駅ビル内にあるお土産屋さんで見つけた、「たこせん」売り場の画像です。

2021年の年末は、東京に遊びに来ていた姉夫妻と鼎泰豊の銀座店に4人でご飯を食べに行ったり、大みそかには年越しに母が送ってくれた「沖縄そば」を食べたりと、ゆったりと過ごしました。

2022年の年始は1月1日から3泊4日の日程で、仙台に食べ歩きをメインに青葉城址とかの観光に行きました。
牛タン、せり鍋、笹かまぼこ、ずんだ餅、はらこ飯、お寿司、牡蠣鍋、麻婆焼きそば等の美味しい仙台グルメを堪能しました。

そして、新幹線で東京に戻る日、駅ビル内のお土産屋さんで見つけたタコのぬいぐるみに一目惚れし、衝動買いしそうになりましたが、残念ながら売り物ではなく売り場の演出用の非売品でした。

どうしても諦めきれず、ぬいぐるみのタグに「ぷてぃまりん」とあったのでそれを頼りに検索すると、ネット通販で見つかったので購入しました。

ああ、可愛い、可愛すぎます。丸い形とつぶらな瞳にとても癒されます。買って良かったです。

でも、自分たちで食べる用の仙台土産として、牛タン、笹かまぼこ、ずんだ餅は買いましたが、たこせんは買っていません・・・。

 

本題に入ります。

以前、石川優実さんというツイフェミの人の話題を多少書きました(詳細はコチラ)が、当時はツイフェミのことをそこまで深くは調べていませんでした。

最近、下記のツィートを見つけて以降、ツイフェミの正体についてだんだん興味が湧いてきました。

犬HK(NHK)といえば、特定の民族の比率が高く、性犯罪者も多いことで有名ですね。

それから、この非常に痛ましく悪質な事件を見事にスルーしているのもかなり気になります。

ツイフェミさんたちは女性の地位向上を目指している筈なのですが、見事にスルーされていますね。

この旭川の事件の詳細は下記のサイト記事をご参照ください。

【旭川女子中学生いじめ凍死事件】旭川市長が少女の死を単なる“いじめ”と片付け、 創価学会や暴力団による少女売春の隠蔽を図る

そういえば、ツイフェミの仁藤夢乃さんは、男性たちによる性差別や性搾取の問題を10代のメンバーと分析している程、少女たちの為に精力的に活動されている筈ですが、同じ10代である旭川女子中学生いじめ凍死事件をどうしてスルーするのでしょうか。

日本に一定数生息する頭のオカシイ変態おっさんたちの事は批判するのに、旭川の事件のように犯罪まがいの行為をする、頭のオカシイ変態少年少女たちのことを放置するのはどうしてでしょうか。

で、まるで朝鮮半島系美女のような、仁藤夢乃さんを見ていて、ん?誰かに似ているなぁ。誰だっけ?と考えていると、思い出しました。

上級国民の高須克弥氏に遺伝子レベルで似ています。
もしかすると、血縁関係にあるかもしれませんね。

それから、下記のような不可解なことも。

男性が女装して女子トイレに入ってしまったら、性犯罪に遭う被害者が出てしまう確率が非常に高くなります。
性犯罪から女性を守ろうとするのがツイフェミの目的の一つだと思っていたのですが、違うのでしょうか?

ツイフェミさんたちは、トランスジェンダーを推進したいのでしょうか?
トランスジェンダーって何?という方は、下記のサイト記事をご参照ください

【何でもありのいかさまオリンピック】女子に性転換した男子選手が女子87キロ級重量挙げで五輪出場

 

それと、同じツイフェミの♯Kutoo運動で有名になった石川優実さんはツィッターで大炎上し、いろいろな意味で話題になっています。

あんなに熱心に活動されていたのに、今は経済的にだいぶ困窮されているようです。

話題になっているPayPay乞食についての詳細は下記のブログ記事をご参照ください。

【大朗報!!】PayPay乞食を行っていた石川優実、まさかの規約違反!!【乞食涙目】

そして、彼女はフェミニスト運動をしているにもかかわらず、グラビアアイドルをされているようですが、インターネット上には石川優実さんのかなりいかがわしい画像が大量に出回っています。

性産業そのものが女性を搾取するものの代表格であり、世界各地に頭のオカシイ変態どもを量産するツールともなっており、女性の社会的地位を徹底的に貶めていると思うのですが、石川優実さんは、独自の理論と理屈で、下記のブログ記事のように意味不明なことをのたまっています。

支離滅裂ダブルスタンダードとしか思えないのは私だけではなさそうです。

『女性の言うことは絶対!!』や『ツイフェミとグラビアは手を繋げる!』などとほざく『石川優実』!!

ツイフェミさんたちは、論破されそうになるとブロックして逃げてしまうそうです。
あと、このような言動をするともっぱらの噂です。

【おまいう】kutoo石川<『頼まれていないアドバイスをするな!嫌がるだろ!』【記憶力ゼロ】

頼まれてもいないアドバイスをしてくるとか、間違ったことを上から目線で教えてくるというたちの悪い存在という噂もあるようです。

そして、石川優実さんの女子高生時代の画像を見つけました。とっても可愛いですね。
画像はコチラより拝借しています。

ん?このポーズはもしや、反日思想の在日が好んでよくするチョッパリピースでは?

 

チョッパリピースってどんなの?という方はこの画像をどうぞ。
大嘘つき上級国民で有名になった中田敦彦氏です。

 

え?これだけじゃわかりにくいですか?
では、これもどうぞ。

 

うーん、もしかすると、お隣のお国の人なのかなぁ?と考えながら調べてみるとこのような情報が出てきました。

【フェミ】 石川優実さん 突然ハングルでツイートをし始める やはり在日朝鮮人か

 

この中から、このような情報も。

ジャップとかジャッポスとか日本死ねとか言うのは反日思想を持つ在日朝鮮半島系の人のお決まりのフレーズでしたよね確か。

 

そして、石川優実さんのハングルで書いたツイッター画像です。
コチラより拝借しています。

やっぱり母国語はハングル表記のお国の人なのでしょうか。

反日思想を持つ朝鮮半島系の人たちは団体で行動しますので、ツイフェミさんたちは、朝鮮半島系の人たちの集まりである可能性が非常に高いですね。

 

そして、私のお気に入りのVtuber、パウラちゃんねるで秀逸な内容の解説動画がありますのでご参照ください。

フェミニストの魅力を伝えたい!メリット3選!!・・・げっへっへっwww【パウラの独断と偏見】

この内容をざっくりとまとめますと、

フェミニストになることで得られるメリット

1 大した努力もせずに有名になれる
特に、一つの業界で頑張っているわけでも
実力があるわけでもない人にとって、これだけコスパの良い自己アピールはないよね

2 発言力が高まる!
論理的に考えたり、文脈にのっとった建設的な議論なんて
かったるいことをする必要がなくなり、ただ相手の言葉尻をとらえて、性差別につながりそうな単語があれば、その言葉尻をとらえて喚き散らすだけで
相手を社会的な悪者にでき、簡単に打ち負かすことができる

男女関係なく攻撃することが可能

3 社会的弱者(被害者面)のポジションがとれる

社会的弱者やその味方という立場を活用することで、嫌いな上司とか同僚を攻撃することができる

どれだけ頑張っているアピールしか頑張れない人だとしても、社会的弱者やその味方という立場を活用することで一気に立場が上がる

 

これって、差別だー!差別だー!とギャーギャー騒ぐ特定の反日思想を持つ民族の特徴ともそっくりですね。

 

で、さらにツイフェミさんたちをわかりやすく説明する、この動画も面白いのでご視聴ください。
特に、3:18~辺りからが如何にも火病ってるって感じです。

 

ツイフェミの「女性差別に反対する男がすべきこと」が完全に闇すぎて恐怖www

 

火病?何それ??という方は下記の動画をご視聴ください。

 

火病

めちゃくちゃ元気いっぱいで、ものすごく激しいですね♪
これだと人格障害者精神疾患者だと思われちゃうのではないでしょうか。

 

ここまでいろいろなブログ記事や動画をご紹介しましたが、普通に考えてツイフェミさんたちは特定の思想を社会に広めるのが目的の工作員ですよね。

彼女らの特徴は

  • 支離滅裂、ダブルスタンダード、ご都合主義
  • 論破されそうになるとブロックして逃げてしまう
  • 頼まれてもいないアドバイスをしてくるとか、間違ったことを上から目線で教えてくる
  • 相手の言葉尻をとらえて、性差別につながりそうな単語があれば、その言葉尻をとらえて喚き散らし、相手を社会的な悪者に仕立て上げる
  • 被害者面して相手を悪者に仕立て上げる
  • 火病る。

そのようなツイフェミさんたちを観察していると、頼んでもいないのに、私を含めていろいろな人たちに執拗に絡んで来て、上から目線で高圧的に説教しまくっていたSWさん(詳細はコチラ)を思い出しました。

SWさんは当時、3年近くの信仰歴だったようです。SWさんの書いた信仰の証に明記されています。

無力で依存心が強かった自分がRAPTblogで変わりつつあります

 

SWさんは2019年の時点では、RAPTブログの信仰者を装う2人を尊敬していたそうです。

それについては下記のSWさんの書いた信仰の証に明記されています。ご参照ください。

2019年祝祭日に神様から頂いたと思われる裁きと恵み

私はその2人に対して妙な違和感や嫌な感じしかなかったのですが、SWさんは信仰して3年近くにもなるのに、どうしてわからないんだろうと不思議でたまりませんでした。

あるRAPTブログの読者の人で、信仰歴が浅くまだ2年も経っていなかった人(以下Nさんとします)が、勘違いにより周囲に誤解されるようなことをしてしまいました。

それを根拠に、SWさんは何人かの仲間と一緒に有無を言わさずNさんを工作員認定しました。

SWさんとその仲間たちは、Nさんの信仰歴、立場、状況等を総合的に考慮することなく、一方的に工作員だと決めつけていました。

私はそれを見て違和感を覚えました。

というのは、士業に例えると
30代だろうが、50代だろうが同じ時期に起業すれば、何歳だろうが新人となります。
1年経てば1年生、2年経てば2年生です。

年齢関係なく、士業となった以降にどれだけ経験値を増やしていくか?!がモノを言う世界です。

経験値が少ないと、先輩よりも失敗する確率が高くなるのは、仕方がありません。

これは信仰生活にも同じことが言えると思います。

さらに、SWさんは尊敬する2人と一緒に、抵抗するNさんを徹底的に貶め、非常に熱心に工作員認定活動を続けていました。

目に余るので、Nさんともう一人の人(以下Mさんとします)がそれを止めようとしましたが、SWさんは一切聞き入れようとはしませんでした。

Nさんを庇おうとする私とMさんに対しても、アレコレといいがかりをつけ、工作員だと決めつけて認定しました。

SWさんの祝祭日の信仰の証によると、SWさんの主張しているや神様が工作員を倒して下さったという工作員とは、どう考えても私のことを指しているようです。

ただ、後日、SWさんが尊敬するその2人は、RAPTさんからはっきりと工作員だと認定されました。

 

最近のRAPTブログの有料記事の朝会の音声で、類は友を呼ぶ。という内容の話が出ました。

悪人は悪人を愛して、悪人と共にして、悪人を助けようとする。
善人は善人を愛して、善人と共にして、善人を助けようとする。

人間は自分に似た人を愛する。

要は、似た者同士がお互いに引き寄せ合い一緒になる。ということですね。

そして

自分と違う人間はだと認識し、自分と似ている人をだとは思わない。

ともありました。

類は友を呼ぶという諺通り、工作員と同調していたSWさんは工作員か、もしくは工作員と同レベルの存在とも言えるのではないでしょうか。

以前も引用した画像ですが、SWさんと工作員には、それなりの信頼関係が出来ていたかのような雰囲気を醸し出しています。

この工作員がアカウントを削除していなくなって以降も、SWさんは引き続き工作員認定活動を非常に熱心に行っていました。

不思議なことにSWさんは

目立たないアカウントの人に対しては上から目線で高圧的に説教しまくっていましたが、それなりに目立つアカウントの人がNさんのツィートをリツイートしても、何も言わずにスルーするのです。

ダブルスタンダード以外のナニモノでもありません。

今思えば、火病ってオツムがどうにかなっていたのかもしれませんが、ここまでツイフェミさんたちとそっくりな言動をしている時点で、普通の信仰者とはとても思えません。

ツイフェミさんたちの行き着く先はジェンダー思想を広めつつ、お金儲けをするといったところなのでしょうが

SWさんとそのお仲間たちが何を目的に活動しているのかは知りませんが、彼、彼女らの行き着く先は一体どこになるのかと、ある意味興味深いものがあります。

最後に

工作員であるか否かにかかわらず、頼んでもいないのに、上から目線で高圧的に説教して、一方的に意見を押し付けてくる面倒な人に絡まれたら、時間と労力と気力が無駄になってしまいますので、極力、可能な限りスルーするか無視することをお勧めいたします。