反日朝鮮半島系の人の性格的な特徴と人を騙す時のお決まりの言動パターン

朝鮮半島サイコパス, 洗脳, 自己愛性人格障害

朝鮮半島系の人の外見的な特徴はインターネット上やテレビなどに、ウンザリするくらいサンプルが沢山ありますので、それを自分や身近な日本人と比較しながら覚えていくのが一番です。

地道に注意して観察していけば直観が磨かれて、そのうちすぐに見分けがつくようになると思います。

私はさまざまな性格の朝鮮半島系の人に出会ってきましたが、日本人とは明らかに違う、いろいろな意味でわかりやすい特徴と人を騙すときのお決まりの手口があるのでそれを書いていきます。

反日朝鮮半島系の人は最初は猫を被り満面の笑みで近づいて来るが、徐々に本性が出てくる


反日朝鮮半島系の人が自ら満面の笑顔で日本人に近づいてくる目的をざっくりと分けると

・自分の利得のため、例えば善人アピールや人間関係のカモフラージュに利用できそうな人間を求めている
・自分、あるいは仲間の商品やサービスを売りつけるために(形だけの)人間関係を築こうとしている

というのが大半です。

最初は穏やかに笑顔で接してくるのでわからない場合も多いですが、初対面にもかかわらず不自然なくらいに褒めたりヨイショしたり、丁寧すぎる言葉遣いでとてもフレンドリーに接してきます。

あまりにもそれが過剰だったりするので、何となく違和感を感じる事の方が多いのですが、多くの日本人は人に褒められる事に慣れていなかったりするので、相手に上手くのせられて気分がよくなり、この人は人懐っこいタイプなのかな?などと自分の都合のよいように間違った解釈をしてしまい、騙されてしまうようです。

ただ初対面ではわからなくても、付き合っていくにつれて少しずつ本性が出てくるので、その特徴や相手の発するサインをしっかりチェックすれば厄介事や大きな被害に遭うことを避けられる可能性は高くなります。

反日朝鮮半島系の人の基本的な性格として、根拠はよくわからないのですが、やたらと自信満々な人が多いです。
最初は猫を被っている場合が多いのですが、何度か会ううちにコイツは自分より下だと判断したのか徐々に上から目線になってきます。
年齢や先輩後輩などの上下関係に異様にこだわり、自分の基準や考えを相手に押し付けてきます。

基本的に男性は国籍に関係なく、自分より上か下か?という基準でみる場合が多いようですが、反日朝鮮半島系の人はその表現が過剰で違和感を感じる程なので、ある意味わかりやすいのです。

前回の記事でも少し触れましたが、日本人は基本的に無表情の場合が多く、自分の感情をあまり顔に出さない人が多いのですが、朝鮮半島系の人は感情がすぐに顔に出ます。
とても表情がハッキリしてわかりやすいです。

例えば、以前こんな事がありました。

私はとある懇親会に参加して大勢で和気あいあいと飲食をしていました。

たわいのない会話の中で、ある人がたまたま自分にないもの(能力)を後輩が持っていた事を知ったとたんに、険しい表情になり口数が少なくなりました。

それ以降、その人は後輩にやたらと突っかかってきたり、かなりの上から目線で偉そうに接してくるようになったのです。

人間誰しも程度の差こそあれ、嫉妬や妬みは多少はあるものです。

その人の場合は自分よりも下だと思っていた後輩が、自分にはない能力を持っていたことに対する嫉妬や悔しさを、先輩面する事でかき消したかったのかもしれません。

もしその人が後輩に馬鹿にされたり失礼な事を言われたとしたら、怒ったり反論するのは当然でしょう。
でも、その後輩は周りの人との会話の流れからそのことを言っただけで、先輩に対して何も失礼なことはしていません。

にもかかわらず、自分自身の勝手な劣等感を理由に、何も悪い事をしていない後輩に対して、攻撃的な態度や口調で接してくるのはどうかと思いました。

朝鮮半島系の人は感情の起伏が、日本人よりもとても激しく、感情的になりやすい傾向にあるのです。
これは反日とかは関係ありません。個人差はありますが朝鮮民族の基本的な気質だと思います。

それから、これは特に男性に多いのですが、反日朝鮮半島系の人が相手の事を自分よりも下だと思うようになれば、やたらと威圧的に偉そうな態度で接してきます。

でも、自分よりも能力や立場が上だったことを知った時や、予想外に相手に歯向かわれた時はとても怯えたような表情をし、やたらと下手に出てくるようになります。

朝鮮半島系の人は日本人よりも男尊女卑思想を植え込まれているようで、男性の場合は相手が女性というだけで見下してくる場合が多いです。
でも、こちらが強気の態度と言葉で接すれば、ものすごく驚いて怯えた表情をし、大人しくなります。

相手によって態度をコロコロ変える人は日本人にも普通にいますが、朝鮮半島系の人の場合はそれが本当にわかりやすいくらいに極端なのです。

ある意味判断しやすいですが、対応するのは非常に面倒くさいなーと思います。

反日朝鮮半島系の人同士でつるみ、感動的なエピソードを用いて演出し、相手を信用させて騙す


日本では朝鮮半島系の人はマイノリティになるので、仲間とつるむのは別におかしな事ではなく普通だと思います。

私も留学中は北京人Aさんとの共同生活で心が荒んでしまい、自分の精神を安定させるために情報交換を兼ねて、月に1,2回の頻度で日本人の仲間同士で集まって食事に行っていました。

やはり自分と同じ国、人種の人だと基準や考え方がある程度共通している部分が多く、気楽ですし騙されるリスクも同じ日本人同士だとほぼなく、何よりも安心でした。
大体そんなものだと思います。

ただ、反日朝鮮半島系の人は日本人を騙して搾取するために、仲間同士でつるんで自作自演のお芝居をするのです。(以下日本人をC、反日朝鮮半島系の人をAとします。)

例えばAは自分の仲間にCを紹介して一緒に何度か飲食をします。

Aは仲間と結託して、自分を善人に見せるために数々の感動的なエピソードを用い、仲間に自分のことを持ち上げさせます

しかもその仲間たちはそれぞれ、私はA氏とは7年の付き合いだ、私は10年の付き合いだ、この仕事のキャリアが10年以上だという人が、この人は本当に良い仕事をするなどと称賛の嵐でした。

それを見たCはAに対して、Aは能力があり、仲間に頼られて信用されている良い人なんだな。この人は信用できるかもしれないというイメージを徐々に持つようになっていきます。

さらにCに対してAは、私の大事な仲間と一緒に飲食をしているあなたはもう私たちの仲間ですよ。と、また数々の感動的なエピソードを用いて演出し、仲間意識連帯感を持たせるように誘導します。

それを何度か繰り返すうちにCは、良い仲間ができて良かったな、この人たちは良い人だ。と思い込み、次第にAとその仲間を信用するようになります。

この時点でCはAの洗脳と罠に陥ってしまいました。

Cにそう思い込ませることに成功したAは徐々に本性を表してきます。
最初はほんの小さな事をCに頼みます。でも、それは回を重ねる事にだんだんと大きくなっていきます。

ある日AはCに仲間と結託して今までとは違う、無茶な事を頼んできましたが、絶対にその詳細を言いませんでした。
Cは何度もその内容の詳細を訊ねましたが、何度もはぐらかされました。
ただ笑いながら私達も一緒に行くから大丈夫だというだけです。

その時飲酒をして酔っていたCは、その時のAの態度を疑問に思いながらも、気分がアルコールで高揚し正常な判断能力を失っていたので、それ以上その内容について追及しませんでした。

その頃のCはすっかり洗脳されてしまっていて、Aが良い人だと思い込んでしまっていたので、Aに多少無茶な事を頼まれても、この人は良い人だし信用できるから大丈夫、悪いようにはならないだろうと受けてしまいました。

でも、それ以降はAの態度や言動が頻繁にコロコロ変わるようになりました。
さすがに洗脳されていたCも矛盾を感じ、Aの様子にオカシイと思うようになり、疑いをもち少しずつ距離を置くようになっていきました。

痛い目に遭った後でそれがAの策略だったと、Cはハッキリと確信することになったのです。
Aの仲間からの称賛や感動的なエピソードなどは捏造で、ウソだらけの演出でしかなかったのです。

これは実話で私が実際に体験した話です。
後になってからAが反日在日朝鮮半島系の人かつサイコパス、自己愛性人格障害である可能性が極めて高いことを知りました。

この話の結末は

私は徹底的にAの詐欺に限りなく近い卑劣なやり方に対抗し、これ以上被害者が出ない様に、Aを刑事告訴して社会的に抹殺してやろうかとも本気で考えましたが、他の専門家の方々のアドバイスで

「このタイプは逆恨みするから関わらない方がよい。防御対策を張れば大丈夫」

「これはかなり悪質だ。もし裁判を起こすなら私が証言台に立つから」

などの心強い、暖かいアドバイスをお二方より受けて防御対策を張り、事なきを得ました。

この件以降、私は反日朝鮮半島系の人について徹底的に研究するようになったのです。
当時は散々苦しみましたが、この苦い体験を通してこの世のカラクリまで理解できるようになったので、私にとっては結果的に禍転じて福と為す。となりました。

反日朝鮮半島系の人の手口は天皇家、政治家、宗教家、芸能人、情報商材販売業者、工作員と笑えるくらいに共通している


さきほどの話のAとその仲間の自作自演のお芝居から何か気付くことはないでしょうか。

仲間同士でつるんで自作自演し、自分を善人だと思い込ませ信用させて騙し、自分の思うように相手を操りお金や時間を搾取する。そして自分の地位や権威、財産を築く。

この日本で天皇家、政治家、宗教家、芸能人や情報商材販売業者、工作員どもなどが実際に使っている手口です。

天皇家は仲間である朝鮮半島系の人が牛耳るマスコミ偏向報道をさせ、朝鮮半島系の人を中心とする工作員日本国民の血税で雇い、ブログやyoutubeで自分たちの捏造した良い情報、相手を貶めるための情報を発信させて印象操作をしたり

天皇制がいかに歴史ある素晴らしいものであるかと大嘘のストーリーを捏造し、国民からは全然人気がないのに、天皇制は維持すべきであると今の身分を守ろうとしています。

そうすることで自分たちが高貴な身分であり、崇められるべき人格者であると国民を洗脳し、今の地位、名誉、財力を維持し、赤い羽根赤十字社の募金をさせたり、毎年予算という形で国民の血税を使って公務という名目で海外旅行をしたり、贅沢三昧で暮らしています。


政治家
は美しい日本
をつくる、この国を護るために改憲を進めると必死に善人を装った安倍晋三首相が言っていますが、戦争をするための兵士を育成するために教育勅語を広め民意を無視して改憲に躍起になっていますね。

そして消費増税、社会保険料の引き上げ、年金の受給開始年齢の引き上げ、非正規雇用の推進、企業が残業代を払わなくてすむプロフェッショナル制度の創設など、上級国民すなわち特権階級とその関係者の一部の人だけが儲かり庶民が搾取されるだけの政治を行っています。

 

宗教家は自分を信者に賛美させたり、私達は世界平和のために活動をしていると主張します。
創価学会の池田大作氏が聖教新聞に賛美する記事を書かせたりお金で海外の勲章を買って自分はすごい人間だと偽装していますね。

 

芸能人がお互いを評価し合ったりかばい合ったり、時にはけなし合ったりしますよね。
それってお互いのイメージアップだったり、人気取りだったり、炎上商法の1つだったりします。
芸人の小籔千豊氏は教育勅語を肯定し、広めるための工作活動要員にもなっていますね。

 

情報商材販売業者もお互いの商品やサービスを購入しています(購入するフリ?)。
この人は素晴らしい人です。商材もとっても良いものでおかげでこんなに稼ぐ事ができました。と同じメンバーでお互いに推薦し合っています。

これで中身のない商品やサービスをぼったくり価格で販売しても、一部の洗脳された情報弱者が騙されて買ってしまいますね。

 

これらの善人アピールをして相手を騙し、自分たちの思うように相手を操り搾取するのは反日在日朝鮮半島系の人たちが使う常套手段なのです。

上級国民すなわち特権階級の人から、小間使いでしかないボートピープルとその子孫に至るまで、同じ手口を使って、鳩のように素直な日本人を騙して搾取してきた(いる)のです。

息を吐くように嘘をつく習慣も、ありもしないウリナラファンタジーを捏造する発想も、善良な日本人にはないのでわかりにくいのです。

ただ、もうかなり多くの人たちが、この気持ち悪くて忌まわしい現実を知るようになったので、以前と比べると善良な人たちは騙されにくくなり、反日在日朝鮮半島系の奴らも窮地に立たされています。

奴らが自滅し、お互いに滅ぼし合って小さくなっていくのも、もう時間の問題です。

日本に住む善良な人たちが一致団結し、反日朝鮮半島系の人を駆逐するまで徹底的に情報拡散と監視を続けていきましょう。

最後にこのブログ記事をどうぞ。

イルミナティの終焉まであとわずか。