カルト宗教の生長の家が主張する地球温暖化の原因はオカシイ

陰謀系カルト, 宗教, 生長の家

子ども食堂を利用してノーミート料理を勧める

f:id:kinjirou9:20190204142426p:plain
日本において創価学会に並んで、カルトで有名な生長の家長坂子ども食堂を営んでいるようです。

トップの最初に掲載されている、やさしそうなボランティアスタッフの方々の笑顔の写真を見ているとほっこりします。

困っている子どもたちを助けてあげたい!と善意で参加しているんだろうなと思います。

ただ、生長の家に利用されている事には気づいていないのかもしれません。

わくわく子どもランチ 長坂子ども食堂のサイトより一部転載。

私たちにできること

安心・安全なノーミート料理を提供します
無農薬・有機栽培の食材と調味料を提供します
地域の子どもの交流の場を提供します
保護者間の交流の場を提供します
地産地消で地域農業の活性化に貢献します

転載ここまで。

安心・安全なノーミート料理を提供しますという部分以外は、ものすごく良い事が書いてあります。

たくさんの美辞麗句を盛り込むことで、ノーミート料理を抵抗なく受け入れるように印象操作しているのだろうなと感じます。

生長の家は地球温暖化対策を理由にノーミート料理を推奨しているようですが、それはあくまでも教団の理想思想です。

 

大人ならば自分の意志でどうするかを決めれば良いと思いますが、判断能力がまだ十分ではなく、育ち盛りで栄養が一番必要な時期の子どもにノーミート料理を勧めるはどうかと思うのです。

栄養学的にも問題がありますし、感受性の高い子どもにとっては、年齢が幼いほど今後の人生に多大な影響を与える可能性が高く

肉を食べることが良くないとか、最悪の場合は肉を食べることに罪悪感を感じるようになってしまうかもしれません。

小さい頃から子どもを教団の思想に染めるように仕向けつつ、同時にその子どもの親の興味関心を惹きつけてどうにか信者を増やしたいという思惑を感じずにはいられません。

それから、また同じサイトから一部転載。読みやすいように適当なところで改行しています。

ノーミートにこだわる理由とは

肉食が飢餓や地球温暖化の原因の1つだといったら驚かれますか?
世界では、飢餓に苦しむ人々が8億5百万人、1日に4万人が餓死しています。

その大きな要因は食料価格の高騰なのです。

世界の穀物生産量の約3分の1が肉食用の家畜の飼料となっており、その結果、穀物の価格が高騰し主食の穀物を海外から輸入している貧しい国では、十分な量の穀物を買えないのです。

また、家畜を飼養する放牧地を作るための森林伐採や家畜の出す大量のゲップに含まれるメタンガスによる環境破壊と地球温暖化や水不足を招いています。

つまり、肉食から遠ざかりノーミート料理を食べることは、地球環境を保全するとともに世界平和に貢献することになるのです。

転載ここまで。

肉食を飢餓や地球温暖化の原因の1つだと主張してますが、突っ込みどころ満載です。

ややこしいので飢餓の件は後で説明しますが、そもそも、地球温暖化は大ウソです。

地球温暖化には大きな利権が絡んでいます。

それ故にその利権で暴利を貪りおいしい思いをしている各国の政府を含めた特定の勢力が、必死に地球温暖化説を捏造しているのです。

インターネットで検索すると地球温暖化を肯定する説、否定する説の両方出てきます。
それで多くの方が混乱されると思います。私もかなり混乱しました。

その上で、理路整然としているか、理屈が合うか、矛盾がないか等を基本に納得がいくまでとことん調べました。

以下、わかりやすいサイトやブログを例にご説明いたします。

地球温暖化対策を理由に増税し、国民から搾取する

f:id:kinjirou9:20190204174434j:plain
武田教授が暴く、「地球温暖化」が大ウソである13の根拠

より全文転載。読みやすいように適当なところで改行しています。

 

これまでたびたび「地球温暖化説」に対して懐疑的な発言を行ってきた、中部大学の武田邦彦教授。

今回、武田先生は自身のメルマガ『武田邦彦メールマガジンテレビが伝えない真実」』で、地球温暖化を考えるにあたって整理しておくべき「13の真実」を紹介するとともに、

太平洋に浮かぶ海洋国家・ツバルが沈むのは温暖化による海面上昇に起因するものではなく地盤沈下が原因と指摘するなど、

地球温暖化を巡り流布されているさまざまな情報について「科学に反する」と批判しています。

どうなった?地球温暖化問題。整理しておきたい13の真実

多くの人が感じていることですが、今の日本人はかなり幼児化して、思考力を失っていると思います。

原因の1つはテレビで、事実の報道がなされず、実質的にフェイクニュースで流れること、政治家が政治的な信念ではなく、

次の選挙を考えて「日本のために」より、「次の選挙のために、環境などは良いと思うことを言っておこう」という言動をとることが主な原因と思います。

 

その一例を整理してみたいと思います。

 

1988年に突然、地球が温暖化する」ということがアメリカから発信され、その年のうちに国連にIPCCという地球温暖化を扱う機関ができるという騒ぎになりました。

この地球温暖化という問題を整理してみます。

 

1・ 地球は今、氷河時代で、多細胞生物が誕生してからもっとも気温は低い

2・ 現在は氷河時代の中の間氷期にあり、あと1,000年ぐらいは温暖な気候が続
と予想されている

3・ 20世紀に入り、1940年までは温暖、それから1970年まで寒冷、そしてその後、温暖と気温は高くなったり低くなったりしている

4・ 1970年まで寒冷だったので「寒冷化に備える」という研究が行われていた

5・ 1988年にアメリカ議会の上院で「これから温暖化する」という演説が行われた。学会ではない

6・ その時に予想された温暖化予想温度は、30年たった現在、まったく違っているので、計算は間違っていた

7・ 石油、石炭などを燃やすと温暖化ガス(CO2)がでることから、環境団体と原子力推進団体が強力に推進した

8・ ヨーロッパ諸国はアジア諸国にエネルギーの使用制限をかけることによって経済発展を抑制しようとした。

9・ 1997年に京都会議が行われ、CO2の排出抑制が決まったが、実質的に守ろうとしたのは日本ただ1か国だった(拙著「環境問題はなぜウソがまかり通るか」)

10・ その後、日本だけがエネルギー抑制を行い、税金を80兆円使用した。これは納税者一人当たり120万円に相当する

11・ 世界全体の気温は15年ほど前から、大都市を除きほぼ変わっていない

12・ 大陸国は影響を受けやすいが、海洋国家は海洋性気候なので気温の変化は少ない

13・ トランプ大統領が新しい温暖化規制をするパリ条約を離脱したので、日本のマスコミは騒いだが、もともと言い出したアメリカは1回も規制をしていない

などをまずは日本国内で認識しなければならない。
そして子供たちは「中学校の理科で教えることに反する、次のことで混乱しているし、時によっては国家試験でも科学に反することが正解になったりしている。

 

沈みゆく島「ツバル」は海面上昇ではなく地盤沈下が原因だった

i. 北極の氷は海に浮いているので、アルキメデスの原理で氷が融けても海水面は変わらないが、海水面が上がっているとの報道が続いた

ii. 太平洋の島「ツバル」はサンゴ礁でできていて一部の住宅地が地盤沈下しているのに、それを地球温暖化として報道、映像やカメラマンが間違った画像を提供した


iii. 森林は温暖化ガスを吸収しない。光合成と腐敗の科学に反するのに補助金目当てで、間違った知識が蔓延した


iv. 地球は現在、氷河時代だが、あたかも温暖期のように報道され、地球の歴史をゆがめた。子供が好きな恐竜時代の温暖化ガスの濃度は、今の10倍以上である


v. 学校で「大陸性気候、海洋性気候」を教えているのに、それに真逆な報道が続いている


vi. 水の熱容量は空気の3,000倍であり、気温が上がっても海の水温は変化しないのに、あたかも海の水温も高くなっていて、台風の発生などに関係していると報道されている


著者は小さいころから科学が好きだったが、もしこんな状態だったら科学を嫌いになっていたと思う。日本の子供たち、とくに理科の好きな子供たちを犠牲にしている。

税金を80兆円も使った「温暖化対策」を行ってきて、なぜ、今年の夏は暑かったのだろうか?
それは「何の効果もないことに税金をばらまいたから」と言える。

毎年、同額の税金が使われたわけではないが、京都議定書から平均年間4兆円ほど使っていて、消費税で言えば2%に相当する。

つまり世界で日本だけが行っている温暖化対策を止めれば、消費税の増税はいらないことになる。(続く)


転載ここまで。

 

とってもわかりやすい説明です。
これで私の頭もすっきりさわやかになりました。

それから、地球温暖化が捏造である事を隠蔽する為に、どのような言論統制がされているかは下記のサイトをご覧ください。

「地球温暖化はウソ」と書いたメディアは消される“言論統制時代”に突入! “あの男”ら温暖化ビジネス連中から言論の自由を守れ!

飢餓の原因は肉食ではなく紛争が主な原因である

f:id:kinjirou9:20190204205035j:plain
私たち日本人の食品廃棄率はかなり高く、これは明らかに大きな問題であり是正しなければならない事なのは間違いありません。

下記のまとめサイトを読んでいると本当に心が痛みます。
生産者にも作っている人にも食べ物にも全てにごめんなさいというしかありません。

世界で一番食べ物を捨てる国「日本」【低い食料自給率・高い廃棄率】
日本は、食料廃棄率、一人当たりの廃棄量が世界一ということはあまり知られていません。日本は食料自給率が低いのに食糧廃棄率が世界一っておかしいでしょ?

ただ、だからといってそれで肉食を止めてベジタリアンやヴィーガンになりましょうというのはあまりにも極端過ぎる気がします。

飢餓の原因は肉食ではなく紛争が主な原因なので、仮に飽食の国に住んでいる私たちが肉食を控えても、飢餓の解決とはならないのです。

下記のサイトをご覧ください。

世界の飢餓人口が増大 紛争が主な原因 国連

世界の飢餓人口は2016年も軍事紛争の件数急増が原因で増えて、8億1500万人に達した。国連食糧農業機関のホセ・グラツィアーノ・ダ・シルバ代表はスプートニクからのインタビューに明らかにした。
より全文転載。
読みやすいように適当なところで改行しています。

 

ダ・シルバ代表は「残念ながら、飢餓人口はこれまで数十年間に渡って進歩が達成されてきたにもかかわらず、再び増加している。

国連食糧農業機関の試算では2016年は8億1500万人が飢餓に苦しんだ。
これは2015年と比較すると3800万人多い。

これはかなりの部分、世界に起きた軍事紛争、気候変動による自然災害が急に増えたことに関係している。

過去10年、こうした紛争の数は急増し、紛争は複雑さを増し、なかなか解決しにくいものとなってしまった」と指摘している。

ダ・シルバ代表は、こうした紛争が引き金となってしばしば経済後退が引き起こされてしまうと指摘し、燃料、食糧の価格も高騰するほか、

生産にも食糧分配にも損失が出て、村落部に暮らす市民の生存に深刻な否定的影響が及ぼされていると語っている。

ダ・シルバ代表は、現在、世界で6400万人が紛争あるいはその後遺症から逃亡を余儀なくされていると指摘し、この数値の高さは第2次世界大戦以来だと語った。

転載ここまで。

それから 下記のブログもとってもわかりやすく書かれています。

ベジタリアンの肉食批判「畜産が飢餓を助長」「食糧不足」は嘘?
より一部転載。

「ベジタリアン(菜食主義者)のQ&A」というページなのですけど、ベジタリアンの主張を一刀両断するものであり、ベジタリアンのススメ…みたいなものではありません。たとえば、以下のような感じ。

ベジタリアンになると飢餓が救えますか?

救えません。今世界で生産されている食料は全人口分の食料に足りています。不足はしていません。
では、なぜ飢餓が起きているかというと、国内事情(戦争や内乱など)や貧困のために食料が分配されていないからです。
そのため、例え食生活を変えたとしても、戦争や貧困を解消しない限り飢餓は救えません。
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n148062(リンク切れ)

転載ここまで。

これで生長の家肉食が飢餓の原因であるという主張も、余裕で一刀両断できますね。

知恵袋の方はリンク切れになってますが、捏造している事実を隠蔽するために消されたのかも?

地球温暖化対策は偽善を装い儲ける為の口実でしかない

f:id:kinjirou9:20181220142130j:plain

やっぱりカルト宗教ですねぇ。
詐欺師の常套手段である善人アピールをしつつ、信者という金ヅルを洗脳し搾取しようと地球温暖化対策を利用しているんですねー。

でも、噂によると信者が続々と減っていってるようですよ。
バレちゃったんですねー。

軽いネタとして。かなり昔のCMのようです。とってもファンタジーです。

で、そんな生長の家が世間一般でどういう評価を受けているのかと、ちょいちょいと検索してみると、こんなサイトを見つけたので紹介します。

単純明快に率直に書かれてありますので、とってもわかりやすいです。

生長の家ってなぁに?と聞いてくる人がいたら、このサイトを見せると早いかもしれません。

カルト宗教脱出レポ
「生長の家」はまっとうな宗教なのか

カルト宗教である生長の家が、地球温暖化対策を口実に脱原発利権を狙っているのは間違いなさそうです。

脱原発利権といえば下記の記事をどうぞ。

現在、「脱原発利権」なるものが生まれつつある。孫正義・小泉純一郎・細川護煕・菅直人の動きに注意。

それから、地球温暖化について別の角度から知るにはこの動画がわかりやすいです。

ついでに原発の事とか地球温暖化対策の利権の話とか出て面白いですよ。

解説記事も併せて読んでいけば、この世の利権の構造とかが、よりわかりやすいかもしれません。

RAPT×読者対談69 科学の嘘はすべて原発に通ずる。

陰謀系カルト, 宗教, 生長の家

Posted by sanae