昔から現在に至るまで続く、悪魔崇拝による負の連鎖が引き起こしている忌まわしい現実についての考察

陰謀系人身売買, 児童虐待, 創価学会


沢尻エリカさんの画像です。かわええのう。拝借元?どこだっけ。さあね。

宅建試験の勉強において、宅建業法は宅建試験対策には欠かせない大事な分野です。
宅建業法の目的はお客さんの保護にあります。詳細はコチラをご参照ください。

そして、宅建士の資格は、情報も知識も少ない一般庶民であるお客さんが、不動産という多額の取引をする際に、質の悪い業者に騙されたり不利な立場にならないようにする為に、お客さんを保護する為に定められたそうです。

宅建業法のみならず、世の中のほとんどの法律そのものが、悪い人がいるという前提で成り立っています。

そもそも、悪い事をする人がいなくなれば、こんなもの必要ないのになと思いますが、世の中そう簡単にはいかなかったから、今の複雑な社会システムになっているのでしょう。

勉強の合間にツィッターで情報収集をしていると、時々、創価学会による凶悪事件が出てきます。

その度に、どうして世の中には悪事を働く創価学会員のような、頭のオカシイ人たちが存在するのだろうと考えていると、霊感みたいなものがフッと頭に浮かんできました。

それらを調べてみると、私がこれまで調べていてイマイチ理解できなかった情報が、より具体的にわかるようになりました。

これを書かないと宅建試験の勉強に集中できない(←ホントか?現実逃避じゃないの?)と思ったので、今回は頭の整理を兼ねて、悪魔崇拝からくる忌まわしい現実について考察していきますね。

理解を深める為にも、前回のブログ記事でも引用した、RAPTブログの記事をまだお読みになってない人は、下記の記事をご参照いただければと思います。
悪魔崇拝と創価学会との関連性について。これまでの簡単なまとめ。

悪魔崇拝は遥か昔から世界各地で行われており、この日本でも例外なく行われています。

現代の例でいうと大本教から始まり、統一教会、オウム真理教、幸福の科学、生長の家、全能神教会、創価学会等の多数の新興宗教とかが、それらを行ってきた(いる)のです。

それを現在進行形で大規模で中心になって行っているのが、犯罪者集団と多くの人に周知されつつある創価学会となります。

以前の記事で、雅子さまの血縁上祖父福田赳夫元首相で、父親が池田大作・成太作(ソン・テチャク)、母親が小和田優美子さんである可能性があるという事をそれとなく書きました。

その説が事実であるのならば、雅子さまは悪魔崇拝による麻薬や覚せい剤等使用の乱交により、この世に生を受けたという事になります。

母親の優美子さんや小和田亙氏は、その忌まわしい現実から、雅子さまを幼少時から日常的に虐待していたという説も割と具体的に出回っています。

例えばドス子の事件簿や最近私が注目している、どこかの上級国民或いはその関係者敵対視する勢力を叩き潰す為に、敢えて情報発信と拡散をしているんだろうなと思われるブログ掲載の情報を調べていくと、結構な割合で辻褄が合うのです。

中にはデマも散りばめられている可能性も普通にあるかもしれませんが、辻褄が合うものは、真実に近いと考えて差し支えないのではと思っています。

以下、ドス子の事件簿より虐待が疑われる画像を拝借し、掲載していきます。

上:1966年7月19日 ジュネーブにて浴衣姿の雅子当時2歳7ヶ月/下:1970年夏 NYの自宅ベランダにて、半袖&丈足らずでつんつるてんの浴衣姿の6歳半過ぎた雅子。上下画像の浴衣は全くの同一物【浴衣】

2歳から6歳になるまで雅子さまは、同じ浴衣を着せられているというものです。

子どもが成長すれば当然、浴衣の丈が短くなるので、通常は買い替えるものです。
でも、そうしないのは、やはり、あまり可愛がられていなかったという事かもしれません。

 

1969年 ニューヨーク郊外での雅子スナップ写真、パンツが見えてしまっている娘の写真をマスコミ提供し公開させた小和田家両親、チューリップの咲く初夏にノースリーブワンピースという季節感のなさも注目
(↑は「まさかパンツ履いてないのでは??」とも言われる児童虐待も匂うレベルなので耐性がない人は閲覧注意のこと。北海道新聞社発行『平成の祝典』結婚記念写真集に掲載)


ニューヨークの気候についてはよくわからないので、季節感のない云々は何とも言えません。

そして、パンツを履いてるか否かもよくわかりませんが、少なくとも、小児性愛をするような頭のオカシイ変態がウンザリする程、生息するこの世の中で、この写真をマスコミに提供、公開させるのはどうかと思います。

 

1970年8月 スイスのレマン湖畔にて、母優美子お手製の丈足らずワンピース姿で水鳥に餌をやる雅子。妹もお揃いの洋服

三姉妹でお揃いの服を着せたい気持ちはわからなくもないのですが、そもそも、妹たちとは年齢が違うのでサイズも当然異なります。

成長して大きくなればスカートの丈が短くなりますので、「三姉妹でお揃い」に拘らず、女の子は特に性的搾取の対象になりやすいので、まともな親ならば、子どものサイズに合ったものを着せると思います。

ご両親は自分たちが雅子さまの事を、双子の姉妹と同様に可愛がっていますよ。アピールをしたいだけで、雅子さまが周りからどう見られるかを、あまり考えていなかったのかもしれません。

 

時期不明 軽井沢にて、お揃いボーダー柄服の双子妹礼子&節子と、箱ブランコで遊ぶ赤いワンピースに黒カーディガンの雅子

双子の姉妹が半袖なのに、雅子さまだけカーディガンを着ているのは不自然ですね。
何らかの理由でできた傷や痣を隠すなどの事情でもあるのか?と疑ってしまいます。

 

1980年1月1日 小和田三姉妹がボストンで迎える正月、生まれて初めての晴れ着姿に【新弟子検査】

双子の姉妹は着物の袖の丈も裾もキレイに整っていますが、雅子さまのは右側の袖の丈が短くて合っていませんし、裾の丈も雑になっていてキレイに揃っていません。

全体的にバランスが悪くて着物がヨレヨレに見える位、着付けがいい加減になっています。

普通、写真として残す事を考慮すれば、撮る前にきちんと手直しをするのではないでしょうか。

あと、この画像は双子の姉妹の間にお手伝いさんがいるのを加工でカットしたものだそうです。
それについての詳細はコチラをご参照ください。

虐待に関してはさらにもっと強烈なものもあるようです。

それに関連する予備知識としてお話しますと、かつての李氏朝鮮時代試し腹というおぞましい伝統がありました。

雅子さまの血縁上の父親とされる池田大作が、現代の日本においてもそれを行っているとの説があります。

下記のサイト記事をご参照ください。

【朝鮮邪教】創価学会の信濃町での大土地所有の実態が明らかに!!次男嫁に『試し腹』

次男は父親が行った余計な事に対するストレスが主な原因となって、若いうちに病気で他界したようです。

それから、上級国民(イルミナティ)には13血流というものがあり、イルミナティ陰謀論とマインドコントロールの最前線に立つ権威と目されている、スプリングマイヤーがそれに関して興味深いことを述べていますが、これも試し腹に該当します。

イルミナティが天皇中心の世界統一政府を樹立しようとしていることを裏付ける幾つかの客観的事実。
より一部抜粋します。

(補足)
スプリングマイヤーはイルミナティ13血流に関して興味深いことを述べている。
 
「13血流のならわしとして、重要な子は派手な祝いなどせず、秘密裏に目立たぬように産み落とされて、別の家へ養子に出される。こうしてその子は別の姓を名乗り、血流を隠す。
 
他方、オカルト儀式では実の親が進み出る。例えば、闇のマザーになろうとする実の父親が孕ませなければならない。
 
彼女の最初の子は実の父親の子でなければならず、彼女自身の手で、その子を悪魔の生贄として捧げなければならないのである。
 
イルミナティの子は、その多くが養子に出される(事実、合衆国のクリントン大統領もそうである)。
 
イルミナティの系図をたどろうとすることほど難しいことはない。
 
つまり私が何をいいたいかというと、さまざまな理由により、多くの人物が私のあげてきた上位十二姓(および私がイルミナティ13血流としてあげたいくつもの姓)とは違う姓を持ってはいるが、彼らもまたイルミナティ13血流に属している、ということなのである。」

抜粋ここまで。

世の中には、いろいろな上級国民が養子に出されたという説があります。
分かりやすい例として下記をご覧ください。

・小池百合子。詳細はコチラをご参照ください。

・稲田朋美。詳細はコチラをご参照ください。

・「平成天皇」の姉、池田厚子氏の長女。詳細はコチラをご参照ください。

・安倍晋三李氏朝鮮王族の末裔で、父親が安倍家に養子に出されたという説も。
詳細はコチラをご参照ください。

そして、犯罪者集団でカルト宗教団体というのが周知の事実となった、創価学会の池田大作が、信者から政治関係者の令嬢などの多くの女性を孕ませて、その隠し子(ご落胤)がいろいろなところに養子に出されているという説があります。

雅子さまの妹の池田礼子さんの夫である池田拓久
・国民民主党所属の衆議院議員の前原誠司
・池田大作の長男の池田博正氏の隠し子らしい、小室圭氏の母の小室佳代さん

それらの詳細はコチラをご参照ください。

そして、雅子さまが実は、養父である小和田亙氏に売られ、ロシア系のハーフの男性との子どもを9歳で産んでいたという説があります。

ロシア系のハーフの男性(ラッキー)の出自はコチラにあるのですが、一部抜粋します。
※読みやすいように適当なところで改行、太字にしています。

祖母は兄のところにいた「人さらい」に襲われて、ラッキーを産んでしまいます。
 そうするとその人さらいの戸籍ではなくて、夫である祖父の戸籍に入ってしまいます。

祖父母はラッキーの入籍が嫌であったのか、小学校に入学する年齢になるまで、放置
てありました。

 それでも、小学校に入学するときに誰かが、四国に行って入籍したようです。

 強姦によってできた子もそうですが、強姦された女性は悲しいことに憎むべき男の面影
がある子を産んでしまうのです。

 ラッキーはいつも「ばあさんは、わしが寝転んでいたりすると蹴るんだよ。何にも云わない
で、蹴るんだから…」といつも私に言っていたが、こういうことでしょう。

抜粋ここまで。

望まない妊娠により不本意で産まれた子どもは、虐待されて育つ場合が多いようです。
そのような育てられ方をされた子ども(ラッキー)は、母親を通して女性という存在そのものを憎むようになったそうです。

結果、ラッキーは女性を、モノや動物のように扱うような頭のオカシイ男性になったようです。
それについての詳細はコチラをご参照ください。

そして、小和田優美子さんも麻薬や覚せい剤使用の乱交という、悪魔崇拝の儀式によって雅子さまを産むに至ったわけですので、小和田夫妻にとっては望まない子どもという事になるでしょう。
それについての詳細はコチラをご参照ください。

そのような経緯とそれをバラされたくないという弱みを握られて、小和田亙氏は幼少時の雅子さまを性的対象としてラッキーに売り渡したようです。

その餌食となった雅子さまは9歳にして双子を出産したそうです。その詳細はコチラにあるのですが、一部抜粋します。

※読みやすいように適当なところで改行、太字にしています。

吾郎氏と雷太氏は双子で、父はロシア人薬姦混血のラッキーであるからラッキーと吾郎氏と雷太氏はよく似ている。

・福迫雷太氏両親とラッキーは古くからの知り合い、友人であるから裁判所で仲睦まじく二人で歩きながら、話し合っている。

(ロシア薬姦混血ラッキーに薬姦され出産した“隠蔽された母”から生まれた双子の一人を福迫に、もう一人を小女姫養子にしたのか。

では、ラッキーにさらわれたと小女姫の肉親周辺で思われている“小女姫の実子”は、どこにいるのか。)

・では“(吾郎氏と雷太氏の)母親”は誰か。

“小女姫の実子”福迫美樹子氏(独身。東宮家女児の養育係で2009年4月16日辞職。)か。
 現東宮妃の3学年上ということは、1960年生まれか。(小女姫氏22歳、田宮 二郎氏25歳当時:1965年の藤由紀子との結婚5年前の子か、

ttp://www.yuko2ch.net/mako/imgbbs3jik/img-box/img20070302143341.jpg の下の福迫氏の顔と、wikiの田宮二郎顔の造作、骨格、筋肉、眉毛等に類似点あり。)

吾郎氏と雷太氏の“母親”→外務省ロシアスクールに関係する(成太作の薬姦実子特別養子
 として引取り、現国際司法裁判所判事の養父麻薬乱交盗撮恐喝洗脳されて特別養子の
 生殖器をラッキーに売られた)現東宮妃か。 

・(麻薬使用による痩身の時期がある)現東宮妃も福迫雷太氏の様に向精神服用副作用の様
 な肥満の時期がある。

・吾郎氏の年齢が殺害事件1993年当時20歳であることから、吾郎氏の双子が福迫雷太氏と
 すると、1973年生まれとなる。(福迫雷太氏の年齢はテレビで伏せられている様だ。)

・現東宮妃の出生が1963年であるから、9歳着床となり、グローバルな(オカルトカルトの)最小出産年齢にほぼ等しい。

抜粋ここまで。

小和田優美子さんが双子を出産したように、雅子さまも幼少時に双子を出産したようです。

そういえば、福田康夫の甥にあたる横手信一氏も千野志麻さんと双子をもうけていますので、双子は遺伝するという事でしょうか。

そして、生まれた子どもは、藤田小女姫さん、愛子さまの養育係の福迫美樹子さんと、別々の場所に養子として出されています。

上級国民は血流隠しの為に、自分の子どもと仲間の子どもをお互いに交換して育てているようです。

これ以外にも、皇室に影武者というそっくりさんが日常的に活躍しているのは、周知の事実となってきていると思います。

秋篠宮家のそっくりさん画像というか、血縁関係にあるんじゃないかと思われる人たちとの比較画像を見つけたので貼っておきます。画像はコチラから拝借しています。


秋篠宮文仁親王の子どもの頃と安西孝之氏の顔が似ているというもの。
確かに似ていますね。

てっきり、私は山階宮家からの養子だと思って、以前の記事で妄想を含めた考察をした事もありました。コチラをご参照ください。

ですが、安西家の血筋と考えた方が現実的な気がします。

安西家は美智子さまのお姉さんの血筋となりますが、雅子さまがご自分のお姉さんの礼子さんを代理母として、愛子さまを出産させた説が正しいとすれば

美智子さまの妹である恵美子さんが産んだ子ども(秋篠宮文仁親王)を、美智子さまの子どもとして装う事も大いにあり得るのではないでしょうか。

安西孝之氏と恵美子さんとの子どもが秋篠宮文仁親王なのかもしれませんし、上級国民お得意の乱交パーティーによって、別の男性から生まれたのかもしれません。

実際に、佳子さまも恵美子さんによく似ています。
といっても、どれが本物でどれが影武者なのかは知りませんけど。

眞子さまに関しては、本物だと思われる人と影武者の存在は確実だと思います。


森矗昶氏とそっくりな女性は、影武者の方ではないかと私は思います。

本物は、私が以前書いたブログ記事の徳川恒孝氏ではないかと思います。

産みの母親は紀子さまなのか、別の人なのかはわかりませんが、2人ともそれなりに似てはいるので、おそらく影武者の人と同じでしょうね。

あと、皇室のみならず芸能人である木村拓哉氏夫妻も、皇室と同様の行為(麻薬や覚せい剤使用の乱交パーティー)や養子交換を行っているんじゃないかと考えています。

現在、有名な芸能人は上級国民の血筋と考えて間違いないと思いますし、前回の記事コチラコチラで書いたように、実際に石原さとみさんや池上季実子さん、池上季実子さんのお爺さんともよく似ています。

上級国民は遠い近いはあるとは思いますが、顔立ちが似ている人が多いので、基本的にほとんどが何らかの形で血縁関係にあるのではないでしょうか。

まぁ、整形して金太郎飴のような同じ顔になっているだけ。という可能性もありますけれども。

それから、木村拓哉氏は工藤静香さんとできちゃった婚をされています。

下記のサイト記事をご参照ください。

キムタク「できちゃった婚」会見は何歳の時?出会いはいつだった?

2000年の12月5日に入籍したそうです。

そして、木村拓哉氏夫妻に関しても、例のブログにその情報が載っていました。
下記のブログ記事をご参照ください。

国連カルトに麻薬乱交盗撮恐喝洗脳される著名人達は妻や子供まで乱交盗撮恐喝洗脳されたら逃げられない
より一部抜粋します。
※読みやすいように適当なところで改行、太字にしています。

隠蔽される現東宮妃の人格否定の内容にこそ“戦争”の真実、タブーがある…
(SMAPのキムらさんが、他のメンバーと違うのは、妻と子供がいること、妻や子供の恐喝犠牲の内容まで表に出たらと思うと恐ろしくて麻薬児童買春恐喝洗脳戦争利権メイソン喪家学会カルト事務所の言うなりになるしかない…? 子供が誰の子かの証拠まで晒されたら…

ジャニーズ事務所のメンバーの名は日系アメリカ人の様な名前であることから戦争中や戦後の
麻薬強姦混血育児放棄犠牲者の可能性をも秘めている。

著名人がよく行くハワイは医療用麻薬の生産地の一つでもある。(藤田小女姫さんは、1994年2月23日にハワイのホノルルで殺害されている。)

麻薬中毒+外国人との同棲の様な生活により、英語が達者になった著名人はグローバル・カルトにとって使い勝手の良い運び屋になる可能性もある。

著名人の子息がインターナショナル・スクールに通う利点もそこにあるのかもしれない。

あるいは、麻薬運び屋の報酬の税金逃れの為に宗教法人学校にお布施として寄付する形でエスカレーター式の私立学校に通わせることも、既に当たり前の可能性もある。

中退は、麻薬乱交盗撮恐喝等で、自治体や株式会社への就職からコース・アウトせざるを得なかった場合も想定される。

また、名売りビジネスの世襲は、子供の児童ポルノ身売り(権力者や海外向け)から始まる可能性…、なぜなら著名人の子供は画像で目隠しされているから…

(親が既に車等で拉致されて事務所等に誘導される為、拉致避け目隠し目的は薄く、麻薬乱交由来の妊娠による父親隠しの可能もあり、日本の子役のハリウッド業務から、麻薬児童ポルノの利権はグローバルである とも受け取れる。

俳優を職業にしている存在は子役から入った方も多い様だ。

芸名を変え、骨格や肉付きも大人になれば変化する為、判り難い。麻薬乱交盗撮恐喝洗脳の
末、整形している場合も有り。

途中で芸名が変わる場合も何かがあったと想定せざるを得ない場合も有り。

無線盗聴避けの芸名変更の可能性が考えられる。国家中枢近辺の場合は、声紋分析拒否か、発言内容隠蔽の理由で音声消去か。

ドーピング等の薬物効果も麻薬乱交中毒洗脳に匹敵する可能性がある。

抜粋ここまで。

この文章の内容の情報が正しいと仮定すると、次のような解釈になると思います。
私がわかる範囲で書いていきます。

・木村拓哉氏と工藤静香さんは上級国民たちの乱交パーティーに参加し、その現場を盗撮されて脅されて、麻薬や覚せい剤の売買の人脈を広げたり、麻薬等の運びをしていた。

さらに芸能界で成功するには、自分自身の身体のみならず、自分の子どももその対象(児童ポルノ)として献上する必要がある。

・芸能人がやたらとハワイに行くのは、麻薬や覚せい剤使用の乱交パーティーに参加するのが目的である可能性が高い。

・それもあって、海外留学をしたりインターナショナルスクールに通うなどで、英語力を身に付けようとする人が多いのか。

・子役の頃から児童ポルノの世界に入ると、そのままのし上がりやすくなる。
成長して大人になるにつれて骨格が発達し、肉付きも良くなって顔が変わる場合もあるが、大して変わらない場合は、本人だとバレないように整形で誤魔化している可能性も。

・木村氏夫妻の子どもとされているCocomi(木村 心美)さんは、別の上級国民の子どもでは?
そして、次女のKōki,(木村 光希)さんは、木村拓哉氏と別の女性の子どもである可能性も。

・皇室を含む他の上級国民と同様に、血流隠しの為に、自分の子どもと仲間の子どもをお互いに交換して育てているのではないか。

・芸能人に限らず、スポーツ選手にも同様の事が言えるのかもしれない。

といった感じだと思います。

政治家や芸能人に世襲が多いのは、同じ上級国民かつ同じ血流同士で協力し合う事で、地位や権力を保持しながら、利益を大きく増やそうというのも当然あると思います。

でも、それ以上に、一度でもその人生を選択し、創価学会を中心とする闇の組織に弱みを握られている限りは、後に戻るのは難しくなりますし、親が脅迫されると子どもも同じような人生を辿らざるを得ない確率が高くなります。

必然的に上級国民として栄え続ける為には、世襲制を維持する他に選択肢がなく、これらの負の連鎖を延々と続けていく以外ないのかもしれません。

ちなみに、木村氏夫妻の長女のCocomiさんは、母親の工藤静香さんに似ているといわれていますが、上級国民は元々同じ民族(朝鮮半島か中国、その混血)がほとんどですし、元々親戚関係があったりするからではないでしょうか。

木村氏夫妻の耳たぶは、割とぽってりとした福耳に近い形です。

ですが、Cocomiさんはどちらかというと、朝鮮耳に近い小ぶりな耳たぶになっています。
写真によってはイヤリングをしているので、若干変わってきますが、耳の形もあまり似ていません。

Cocomiさんは左右の耳の形が若干違いますが、それでも耳たぶは小ぶりです。

そして、Cocomiさんがいろんな人に似ているというサイト記事があったんですが、その中の一人の倉沢淳美さんのお若い頃に本当にそっくりなのです。

できるだけたくさんのデータを集めようと、更新頻度の低い私のインスタグラムのアカウントで関係者をフォローし、画像を見比べてみると本当に瓜二つといっても過言ではない程に似ているのです。

耳の形まで本当にそっくりです。

インスタグラムのコメントに書かれているように、髪形を同じにしたら双子と間違われるレベルだと思います。

倉沢淳美さんは一度、芸能界を引退されましたが、また復帰されていますね。

もしかしたら、もしかしてなのかな?と。

それから、次は次女のKōki,(木村 光希)さんですが、木村拓哉氏には似ているなぁと感じます。
でも、耳たぶがどちらかといえば薄めかなぁと感じます。

Kōki,さんもお姉さんと同様に、左右の耳の形が若干違いますが、やはり小ぶりです。

ただ、どこかで見たような顔なんだけどなぁと考えながら調べていると、このような画像を見つけました。

残念ながら、この画像が掲載されていたサイトは削除されていましたので、それ以上は見られませんでしたが、確かに似ていると思います。

沢尻エリカさんの画像を並べてみます。耳たぶは小ぶりですね。

Kōki,さんと沢尻エリカさんの画像を並べてみます。

親子や姉妹だといってもバレなさそうなレベルで、似ていると思います。

沢尻エリカさんは、昨年、薬物所持の疑いで警視庁に逮捕されましたね。

そして、最近、このようなニュースもありました。

伊勢谷友介、大麻で逮捕の背景に沢尻エリカの証言か…独身主義の理由に大麻常習か

沢尻エリカさんの証言がどうのこうのとなっていますが、結局のところ、沢尻エリカさんのみならず、有名な芸能人はほとんど似たような感じなんじゃないかと思います。

沢尻エリカさんは2009年 – 2013年の間、高城剛氏と結婚していましたが、あれも何かを隠蔽する為の政略結婚だったんじゃないかなと。

神田正輝氏と松田聖子さんの結婚も政略結婚だろうとは思いますが、当時は、できちゃった結婚なんてとんでもない!という時代背景もあったからなのかなと思います。

そして、木村拓哉氏と工藤静香さんが結婚した時期も、まだまだそういうのが受け入れられる時代ではありませんでしたが、当時、やたらとできちゃった結婚を、後押しするような風潮があったようにも思います。

例えば、木村夫妻の結婚前の報道が2000年11月13日に行われたそうですが、同じような時期に、広末涼子さん主演のできちゃった結婚 (テレビドラマ)が話題になりましたね。

フジテレビ系で2001年(平成13年)7月2日から9月10日まで放送されました。

これは単に上級国民たちが、悪魔崇拝儀式かつ麻薬や覚せい剤売買児童ポルノの供給、販路をより大きく広げようとする為に、できちゃった結婚を一般庶民にも普及させる事で、血流隠しをもっとやりやすくしようという目論見があったようにも思います。

さらに、アイドルの低年齢化が進むにつれて、性犯罪被害の低年齢化も進んだように感じます。

気持ち悪いのでここでは控えますが、最近は、小学生がAV出演するような忌まわしい状況にもなっています。

そして、最近、多くの児童が、より物騒な事件に巻き込まれる事が増えたようにも思います。

下記のサイト記事をご参照ください。

9歳以下の行方不明者が増加している:行方不明者の統計
より一部抜粋します。

9歳以下の行方不明者数は900⇒1132⇒1198⇒1216⇒1253と増えているのが分かります。

「人口10万人当たり」というのは、その年代における割合なので、人口動態を無視して考えることができます。すると、割合としても行方不明者が増えているのが分かります。

抜粋ここまで。

最近、中国人女による10歳代の女の子の誘拐未遂事件がありましたね。

このような情報もあります。

中国人女が小学生誘拐?日本で多発する毎年子供1000人の行方不明は人身売買か?

より一部抜粋します。

日本は海に囲まれている国だから、国境線が船で警戒するだけだ。
海から覚醒剤が入り、人が出て行くのだ。

毎年1000人が消える?
小学生が家出しているんじゃないよ。
社会問題として捉えるべきだ。
日本の治安に暗い影が落ちている。
冒頭の小学生誘拐事件の背景と動機を徹底捜査すべきだ。

毎年1000人もの9才以下の児童が、行方不明になっている現状を問題視している。
全ての児童が海外に人身売買されているとは決めつけられない。
だが、冒頭の誘拐未遂事件のような事件が多発している国が、海の向こう側にあるのだ。

抜粋ここまで。

日本も他人事ではありません。
上級国民どものほとんどが頭のオカシイ方の中国、朝鮮半島系であり、強烈な反日思想を抱きながらしつこく日本に寄生しています。

行方不明になっている子どもたちが、そいつらの餌食となっている可能性もあると思います。

餌食となってしまったら、悲惨な人生を送る事になってしまいます。
小さいお子さんのいる親御さんは、特に気を付けて欲しいと思います。

それから、皇室や政治家に影武者が存在するのは、やはり、麻薬や覚せい剤等使用の乱交のような悪魔崇拝儀式を、幼少時から行っている為、まともな精神状態を保つのが難しいからだろうなと思います。

それに関しては、下記のブログ記事をご参照ください。

悪魔崇拝者たちの多くが多重人格者であり、幼少期から虐待を受けてきたという現実。

そして、大成している芸能人の多くも、麻薬や覚せい剤に頼る以外に選択肢がないから、それらの事件で逮捕される事が増えてきたのだと思います。

この世に寄生する上級国民ども(特に大元締めの創価学会)全てが、一刻も早く跡形もなく消え去る事を切に祈ります。