中国語と日本語での議論闘争から見えたもの

陰謀系中国語, 妬み, 日本語

それぞれの母国語で議論してもわかり合えない

f:id:kinjirou9:20190210193147j:plain

地元の沖縄の話を書いていて、その実態を地元民ならではの視点から書こうと考えて、いろいろと調べています。

でも、工作員による情報かく乱工作があまりにも激しすぎて、多くの方々がそれらの情報に翻弄されて混乱している事を嫌というほど思い知らされました。

それだけ沖縄の米軍基地問題には様々な利権が絡んでいるという事の証明にもなるのでしょう。

要点を整理してその状況と詳細を書くつもりでしたが、インターネット上で流れている情報が膨大な上に、人それぞれ頭の中にある土台(基礎知識や認識や基準、価値観など)は違います。

ですので、書き方を間違えると要らぬ誤解を与えて余計に頭が混乱したり、いがみ合う人が出てくるのではと思い、今は控える事にしました。

ある程度、これだという根拠とわかりやすい事例があったらまた書こうと思います。

前回は敢えて違う話題(保育園)にしましたが、さすがに多くの子育て世帯の方々に嫌われたかもしれません。

それはそれで私の正直な気持ちなので、仕方ないなーと開き直っています。

今後は中国語を使って知る事ができる情報を中心に調べて、これはと思ったものを情報発信することになると思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

数年前にyoutubeのコメント欄をチャットのように使って、ある中国人と議論をしたことがあります。

何について議論をしたのかはよく覚えていません。
きっと取るに足りないしょうもない事だったのかもしれません。

確か日本と中国の歴史認識に関するものだったかなーとは思います。

以前、ある動画に対して私が反対意見のコメントを日本語で書いたら

とある在留中国人がそれに返信する形で中国語で反論コメントを書いてきたのです。

私はすぐに日本語で反論コメントを書き込むと、その在留中国人(以下Cさんとします)も拙い日本語で反論コメントを書いてきました。

拙いとはいえそれなりのレベルの表現だったのと、都内の大学に通っているという内容が書かれてあったので、在日中国人留学生だという事がわかりました。

日本語でやりとりしてると相手の返信が遅かったので、母国語を日本語に変換するのに時間がかかっているんだろうなと気づきました。

それで、私はその在留中国人(以下Cさんとします)に

こっちは北京に留学していたから基本的な中国語の読み書きはできる。このまま日本語でのやりとりだとフェアじゃないから、そっちは中国語を使ったらいい。

と書くと

Cさんはその意図を理解し、中国語で長文のコメントを書いてきました。

そんな感じで、youtubeのコメント欄をチャットのように使用して

日本語(私)と中国語(Cさん)のそれぞれの母国語で
長文でのやりとりが1時間近く続きました。

お互いにそれぞれが自分の正しいと認識する事を書いていたのですが、最後まで結論が出る事はなく話は平行線で終わりました。

日本語で話しても話がかみ合わない

f:id:kinjirou9:20190224160030j:plain
私が以前所属していた、東京都行政書士会葛飾支部の方々と一緒にお酒を飲みながら話をした時の事です。

当時私は同じ支部に所属する頭のオカシイA氏に騙されていました。
自分でも薄々とこの人(A氏)何かおかしいなーと思い始めていた頃でもありました。

3人の先輩方がA氏の数々の悪事や悪評判を一生懸命私に教えてくださっていたのですが、その頃の私は

まさかいくらなんでもそれはないだろう。A氏はきっと誤解されているんだ。

思い込んでいました。一時的にA氏の洗脳に嵌っていたのです。

でも、さすがの私もこの先輩方の言う事も一理あるかもしれない。とは考えてもいました。

ただ、私が3人の先輩方の忠告をそのまま受け入れようとしないので、これはどうにかしないといけないと、余計に必死になったのかもしれません。

私が少しでも自分の考えを言おうとすると、頭ごなしに全てを否定してきたのです。

お酒が入っていて冷静さを失っていたのと、感情的になってしまった事もあり、2時間近く話したのですが、途中私が酔いつぶれてしまい、意識を失ったのでその時は結論が出ることなく話は終わりました。

後日、酔いつぶれた私を介抱してくださったお礼と迷惑をかけたお詫びも兼ねて、手土産を渡しつつ、後日3人のうちの1人の先輩と話しましたが、最後までわかり合える事なく話は平行線のままでした。

その先輩方は私を助けようと必死になって真実を教えてくれました。

当時の私は洗脳に嵌っていた事も当然ありますが

それ以上に、頭ごなしに自分の言う事全てを否定されたことに感情的になり、それ以降は心を閉ざして支部活動への参加を一切止めたのです。

現在は他支部に移ったのでそのままです。

それぞれの、話がかみ合わなかった原因は何か

f:id:kinjirou9:20190130203406j:plain

中国人Cさんとの話がかみ合わなかったのは

●お互いの国の政府からそれぞれ違う洗脳教育を受けてきており、それぞれの国の庶民がいがみ合うように仕組まれてきた(いる)という事。

●ある程度、国からの洗脳から解かれていたとしても、それぞれの文化的背景や感情、立場や置かれている環境により、お互いの歴史認識が違い過ぎる事。

が原因だと思います。

本来ならば、お互いの母国語を理解している者同士で仲良くなれる筈なのに、そうならないのは本当に悲しい事だと思います。

それから

葛飾支部の先輩方と日本語で話しても話がかみ合わなかったのは

●相手を助けようと必死のあまりに必要以上に感情的になってしまっていたという事。
●根本的なお互いの価値観や考え方がかなり違っている事。

あと、妬みや嫉みなどのいろいろな感情もあると思います。
が、これに関しては士業ならではのモノもあるのかなと。

相性もあまり良くないので、今後公私含めてお付き合いする事は基本的にはないと思いますが

3人の先輩方が私を心配して本当の事を教えてくださり、酔いつぶれた私を介抱して下さった事に関しては、本当に心から感謝しています。

ちなみに私はこの出来事を機に完全に断酒しました。
料理で使う以外はお酒を口にする事は今後もないと思います。

言葉よりも、頭の中にある土台が違う事を認識する必要がある

f:id:kinjirou9:20190224160348j:plain
中国人のCさんにしても、葛飾支部の先輩方にしても、お互いにわかり合えず話が平行線のままで終わってしまったのは

それぞれの頭の中にある土台(基礎知識や認識や基準、価値観など)が違う

という事をお互いが認識せず、それぞれが自分の考えが正しいという前提で相手を論破、あるいは説得しようとしたのが原因だと思います。

これはそれらの例に限らず、調停だったり裁判だったり、家庭や会社だったりと全ての場合に共通するものであり

これを認識してない、認識しようとしない、認識できないから、人間関係で悩んだり戦争や紛争が起こり、平和に暮らせないんだろうなと思います。

老若男女、国籍、信条を問わず、何かを情報発信する時はお互いに

それぞれの頭の中にある土台(基礎知識や認識や基準、価値観など)が違う

という事を踏まえた上ですると、より伝わりやすく、よりわかり合いやすくなるのではないかと私は考えています。

ですので、今後もそういう考え方を基本に情報発信をしていきます。

前に書いた南京大虐殺の中国語の資料の日本語への翻訳は、量が膨大なので少しずつ書き進めています。
興味のある方は気長にお待ちくださいませ。

あと

世の中には思い込みや勘違いでイタイ人がいっぱいいますが、気付かない人はいつまで経っても気付けない(気付きたくない?)のでしょうね。

何をどう考えてどう生きるかは人それぞれですから。

というわけで、下記のブログ記事をどうぞ。
いろんな意味で面白いですよ。

女性の雇用促進のため、早くもパソナ=竹中平蔵が業務受託。なぜマスコミはこの利権構造を批判しないのか。

陰謀系中国語, 妬み, 日本語

Posted by sanae