集中して勉強するために必要なこと

私は飽きっぽい性格なので、勉強をするのがつまらないと感じてしまったら、勉強そのものを止めるという極端な行動に出る傾向にあります。

さすがに危機感を感じ、少しでも楽しくメリハリつけて効率良く、勉強や仕事と家事等を両立するための有効な方法はないかと、いろいろ試行錯誤しました。

体調管理に重要な毎日の食事

社会人で働きながら勉強する人にとって、いかに限られた時間で集中してやるかが、成否の分かれ目となります。

「隙間時間を有効に使う」という方法が一般的になってきていると思うのですが
人間なので、その日の体調や気分によって勉強効率にムラが出てくるのは、ある程度は仕方がないことだと思います。

そこで、毎日の食生活を整え、いかにストレスを最小限に抑えながら体調管理をするかが、重要となってきます。

ほとんどの方がご存じのように、体調管理に重要なことの一つは毎日の食事です。

それはわかるんだけどぉ~、じゃぁ、何を食べたら良いわけぇ~?よく巷で言われている、バランスの良い食事って何?ビタミンとかミネラルとか?たくさんの種類を食べた方が良いの??

と、こんな感じで多くの人が混乱していて、「よくわからない」という感じなのではないでしょうか。
私もかつては同じように悩んでいました。

8年前に私の父が病気で他界したのですが、それでかなりのショックを受けて以来、私は健康についての情報を書籍、やインターネット、お医者さんのセミナー等でひたすら調べまくってきました。

そして、自分の身体で人体実験しながら試行錯誤し、自分に合った食生活の基準や体調管理の方法をようやく見つける事ができました。

私は病院に行かなくなって、6年近くになります。超健康体です。その我が家の健康法をちょっとご紹介致します。

基本的に我が家はほぼ毎日自炊です。忙しい時や体調、気分が微妙な時など、家事放棄したくなったら無理せず、普通に好きなものをテイクアウトしたり外食に行きます。

自然に近い食材を選ぶ

自然に近い食材とは

●魚なら養殖ではなく天然のものを選ぶ。

●卵は大量生産の安いものを避け、「平飼いたまご」を選ぶ。

●牛肉は国産、鶏肉、豚肉は国産の銘柄肉を選ぶ。外国産は避ける。

●馬肉は食べたくなった時にたまに。(気分次第)

●猪肉、鹿肉等の野生肉月1位取り入れる。(これも気分次第)

●ラム肉は基本的に他の畜産肉よりも自然に近い状態で育てられているものだから産地はどこでも可。

●野菜や果物は無肥料無農薬が理想だが、値段が高くお財布に優しくないので、普通にスーパーで売られているもの。(有機野菜は化学肥料野菜と大して質が変わらないのに値段が高いので我が家では買わない

食品添加物を極力避け、調味料を選ぶ

冷凍食品レトルト食品コンビニ、スーパ等にある市販のお菓子や食品等の加工品避ける。スーパーのお惣菜の利用はたま~にする。

●市販のお菓子を食べたい時は、できるだけシンプルな材料かつ食品添加物の少ないものを選ぶ。ジャンクなお菓子を食べるのはたま~にする。

●食用油はラードメインで、サラダ用にごま油やオリーブオイルを利用。スーパーでタダでもらえる牛脂も活用する。
安いサラダ油やショートニング等の植物油脂は極力避ける。

●小麦粉やうどん、ラーメン等の麺は国産、蕎麦は十割蕎麦を選ぶ。

●野菜サラダにかけるドレッシングは手作りにする。塩、胡椒、オリーブオイルで洋風。ごま油、醤油なら和風。あとは検索♪

●鍋をする時のだしつゆも手作りにする。だしつゆ、手作りで検索するとレシピが出てくる。簡単に作れて、しかも美味しいので、市販のつゆは不要。

●醤油、みりん、酒、ウスターソース、オイスターソース等の普段使いの調味料は、無添加或いは添加物極力少ないものを選ぶ。

●手作りできる発酵食品、調味料は自分で作る。例えば餃子のたれ、カレールー、ポン酢、塩麹、醤油麹等。簡単に作れる。

●甘味料は黒糖、てんさい糖、ショ糖等の加工度が低く自然に近いもの。白砂糖は精製され過ぎて刺激が強いので、極力控える。

●「だし & 栄養スープ」をだしの素代わりに使用する。我が家では下記を使用。
https://goo.gl/w7kkXT

●塩は精製塩を避け、天然塩を選ぶ。お値段は750g1,000円くらいのもの。我が家では下記を使用。
お塩ちゃん
https://goo.gl/y1QvsK

1日1食半か2食にする

朝ご飯は消化されやすい、果物とチーズのみ。
チーズはデンマークやドイツ産等の輸入もので、生乳、塩とシンプルな材料で作られているものを選ぶ。
(輸入チーズは添加物がないか、少ないものが多いが、国産チーズは添加物入りがほとんど

お昼ご飯を食べると強烈な眠気に襲われるので、特に午後大事な用事がある時は食べない。

食べたい時は無理に我慢せず、軽めに動物性たんぱく質をメインに食べる。その日の気分次第で適当に。

水分はしっかり摂る。水、お茶、コーヒー等好きなモノ。市販のドリンクは添加物だらけなので避ける。量はその日の気分や体調次第で変動。

夕ご飯お肉を中心に、普通にその日に食べたいものをお腹が苦しくならない程度に何でも食べる。カロリー計算は一切不要。

糖質制限食まではいかず、ご飯を軽く茶碗一杯程度、お肉を多め、野菜はお肉よりは少な目、それプラス汁物という感じの比率で食べる。自分の本能に従う。

野菜や穀物消化されにくいので、大量に食べると身体に余計な負担をかけてしまう。気持ちの分、若干控えめに摂る。

肉、魚介類等の動物性たんぱく質消化されやすいので、多めに食べても負担になりにくいどころか、効率良く栄養が摂取できる。

運動もしっかり取り入れる

せっかく栄養を摂取しても、運動不足だと代謝が下がり、呼吸が浅くなることで、身体に酸素が行き届かずに血の巡りが悪くなり、結果、脳に充分な栄養が行きません。
そうなると集中できなくなり、頭に入らないので勉強の効率がかなり下がります。

限られた時間しかないのにその状態が続くと、いくら精神力で乗り切ろうとも無駄な努力となってしまいます。

そこでトランポリンの登場です!!
我が家にあるトランポリン

は?いきなり何言うてんの?何でトランポリンやねん?というあなた!

単純に、トランポリンが楽しいからです。楽しくないと継続できません。

運動は継続的にやってこそ、身体も鍛えられるし、ダイエットにもなるし、たくさんの効果があるのです。

散歩やジョギングも良いですが、雨や台風等でできなくなる場合もありますよね。
それだと、休んだら休んだ分だけ、継続するのが難しくなってしまうのではないでしょうか。

でも、トランポリンなら室内で畳一畳分位のスペースがあれば、好きな時に好きなだけできます。

人によって個人差があるので一概には言えませんが、人間の集中力が続くのは30分位とされています。

ですから、30分勉強して5分間トランポリンする、でもいいですし、勉強していて集中力が切れたらトランポリンをして気分転換を図るということもできます。

音楽を聴きながらでも、DVDを身ながらでも、ながら運動ができます。もし、飛び跳ねるのに飽きたら、自分の好きなように踊ってもいいのです。

その日その時の気分や体調によって、自由自在に運動する量や時間を調整できるのです。しかも、それが楽しいときたら、継続できない要因がかなり減るではないですか!

トランポリンの効果について、かなり熱く、詳しく語っているサイトがありますので、興味のある方はご覧ください。

NASAも認めた!トランポリン運動による13の効果まとめ
http://gozorop.com/trampoline-merit

具合が悪い時は、基本寝て治す

私は、健康診断を受診する時を除いて、病院には行きません。
といっても、風邪をひいたりインフルエンザにかかったことはありますが、病院に行かずに乗り切りました。

インフルエンザは日本では病院に行くのが一般的なようですが、海外では
「少しきつめの風邪」程度の扱いで病院に行かないのが一般的だという情報を聞いたので、ある日私は、病院に行かずにインフルエンザを治そうと試みたことがあります。

高熱で食欲がなかったので、食事はとらずに水分をたくさん摂って、汗をかいたらちゃんとタオルで拭いて着替えて、ひたすら寝ました。

すると、数日後に問題なく完治しました。

以前、インフルエンザにかかり、病院に行って薬を処方され、それを言われた通りに服薬して、水分をしっかり摂ってひたすら寝ていた時よりも、身体がだいぶ楽でした。

確かに高熱でしんどいのはありましたが、薬の副作用がない分、身体への負担も軽くなります。薬を使わずに自力で治した分、免疫力がつきますので、それ以降はインフルエンザにかかりにくい身体になったのです。

市販のスポーツ飲料は添加物が入っているので、避けてください。添加物が入っていると、それを排出する為に余計な体力を使うので、治りが悪くなります。
水分補給はで充分です。

この自力で治す方法は、ある程度体力がないと危険な場合もありますので、そこは自分の体力を考えた上で、やるやらないを判断してください。

集中して勉強するために必要なことのまとめ

毎日の食事をきちんと大事にして、運動で身体を鍛えることによって免疫力が上がるので、病気知らずの健康体になります。

健康状態を維持出来れば、脳に栄養が行き渡り血液の循環が良くなります。そして、自分のペースで運動をすることにより、ストレス解消にもなるので、集中して勉強できるようになるのです。

勉強に限らず、日常生活や仕事等をしていく上でも、体調管理はかなり重要です。健康なら人生も変わります。

ただ、私は現代医療の全てを否定する気はありません。緊急事態体質病状によっては病院に行く方が良い場合もありますので、自分の身体に聞いた上で、判断してください。

ここに書いたのはあくまでも、私の基準に基づいた方法なので、人それぞれ違います。合わない場合もあると思います。
全てを鵜呑みにせず、参考程度に無理のない範囲で試行錯誤して、自分に合った方法を見つけてください。